302号室 欅坂46

2018年8月15日

302号室 欅坂46 フルPV視聴動画MV

302号室 欅坂46 歌詞

302号室

歌手:小林由依、土生瑞穂(欅坂46)
作詞:秋元康
作曲:小田切大

引越しのトラックが来て
君が指示した荷物が運び出されて
僕は隅っこで眺めてるしかなかったよ

それなりに二年間の思い出くらいは
どこかにあるだろうけど
そんなあっさりと片付けられると切ない

だけどどっちがいけなかったか
誰も審判できない
金属疲労みたいに
恋だって終わるんだ

そこにあった君のベッドの形に
ジュータンが陽に灼けていた
あの頃と何も変わらないものなんて
僕たちにはあるだろうか?
(さよならだ)
部屋の合鍵 返さなくていい

風船ガム 膨らませて割れてしまうまで
退屈そうだったけど
君も色々と考えてたかもしれない

だってホントは強がり言って
涙 堪えてたんだろう
やっぱり嘘だよなんて
お互いに言えないし…

部屋が急に広く思えてしまった
失ったものに気づかされる
日常はいつも当たり前に過ぎ去り
愛という夢に自惚(うぬぼ)れる
(幻だ)
君の合鍵 どこかに捨てて

もし君がこの部屋に(この部屋に)
来たくなったら
どんな時もドアが開(あ)くように
鍵なんかかけない

そこにあった君のベッドの形に
ジュータンが陽に灼けていた
あの頃と何も変わらないものなんて
僕たちにはあるだろうか?
(さよならだ)
部屋の合鍵 返さなくていい