Sailing Aimer

2019年1月16日

Sailing Aimer フルPV視聴動画MV

Sailing Aimer 歌詞

Sailing

歌手:Aimer
作詞:aimerrhythm
作曲:飛内将大

かじかんだ手のひらに そっと閉じこめていたのは
昨日までの傷や優しさと覚めた夢

見つめるために失くしたものほど 心の隙間に光を落とすよ
忘れることも気付かないふりもできないから 臆病になる
それでも人はきっと 探し続ける

雨に濡れ 波に揺れ We would sail away
渋く長い不確かな旅に出る
もう一度触れたいと 願う強さだけを乗せ

冬の風 帆を広げ
それはまるで 遠き日のあなたの様に
今夜 背を押してくれる様な 愛の唄を歌おう

かみしめた唇で そっと確かめていたのは
選んだ日々の正しさよりも暖かさ

Shining like a lighthouse
夜凪の向こうで いつからそこに佇んでいたの?
風が来れば行ったり来たりで ここがどこか わからなくなる
それでも今は 北を目指し続ける

忘れることも気付かないふりもできないから 臆病になる
それでも人は きっと旅を続ける

Sailing miles away 誰のため?
枯らした声で高く遠く響け この海を越え
後悔や戸惑いに消えた言葉たちを乗せ

夢の果て 船の上
空はまるで 笑っている 「朝はそこに!」
今夜 手に取ったオールを置いて すこし眠ろう