三角の空き地 乃木坂46

三角の空き地 乃木坂46 フルPV視聴動画MV

三角の空き地 乃木坂46 歌詞

雑草を飛び放題の 三角の空き地
君を送った夜は いつもここでキスした

どんなロマンティックも 当たり前に思われ
トキメキに慣れてしまう
時には僕達の帰り道も ああ遠回りすればよかった

恋は生きている 生きている ちゃんと見ていないと
すぐ心の形は変わっていく
何も気付かなかった 僕のせいだよ
いつしか気持ちは死んでいた
君の抜け殻が 抜け殻が 目の前横たわる
瞼をそっと閉じてれば 懐くその匂い
その角を曲がっても 思い出を語れないだろう

五時車両が入って 何が立つのだろう
そんな感傷的な 僕は君が好きだし

言葉数少ない 君を腕に抱いて
不自然と気付かなくて
あの時 その訳を聞いてあげてたら
まだ続いてたんだろうか

花が咲くように 咲くように 愛は生まれ育ち
でも日差しが無ければ枯れていく
水をあげることさえ 忘れていたよ
二人は愛し合ってたのに
一度美しい 美しい 花びらが開けば
永遠にずっと そのまま変わる気がしてた
手に入れた愛しさは 変わらないものと思ってた

大事な人は すぐそこにいた
だけど今は 手を伸ばしても
三角の空き地だ

恋は生きている 生きている ちゃんと見ていないと
すぐ心の形は変わっていく
何も気付かなかった 僕のせいだよ
いつしか気持ちは死んでいた
君の抜け殻が 抜け殻が 目の前横たわる
瞼をそっと閉じてれば 懐くその匂い
その角を曲がっても 思い出を語れないだろう