月が綺麗 amazarashi

月が綺麗 amazarashi フルPV視聴動画MV

月が綺麗 amazarashi 歌詞

月が綺麗

歌手:amazarashi
作詞:秋田ひろむ
作曲:秋田ひろむ

僕が言葉を話す 君が言葉で答える
僕らの距離を埋めたのは きっと言葉だった
地面に寝転んで星を 数えながら思ったこと
これから話す言葉は ただそれだけの話

宇宙の埃として 右往左往ばっかの僕らは
地面に縛られてるから
きっと本能なんだ この重力に抗いたいのは

涙が地面に落ちるのは それなりの重さがあるから
人生において苦楽は 惑星における衛星のよう
喜びだけを掴みたくて 近づき過ぎて墜落して
台無しだって泣いたんだ ところで今夜は月が綺麗

僕は時間を言葉で測る 千文字過去は捨てて行く
一万文字疎遠の彼とは 飲みにでも行かなきゃ足らないから
お陰で千鳥足の帰路 北も南も分からなくなって
もう諦めて寝転んだ歩道 空なら迷わず行けるのに

プライドを守る為に 人を否定なんかするなよ
綻びはすぐに縫い合わせ
継ぎ接ぎだらけでみすぼらしい でも信念は大概そんなもんだ

飛べないからこそ見た景色 些細な綺麗が僕ららしい
人生において苦楽は 惑星における衛星のよう
悲しみだけ遠ざけたくて 離れ過ぎたら放り出され
真っ暗だって泣いたんだ ところで今夜は月が綺麗

あの惑星まで何万文字費やせば
意固地になるのは己の人生だから
気が狂うほど積んでは崩し 高くなるほどに足場は揺らぎ
重力に抵抗せよ 抵抗せよ 抵抗せよ
その先を見たい訳じゃない
逆らってるだけ 逆らってるだけ

喪失と欠落の空白 埋める為に選んだ何か
人生において苦楽は 惑星における衛星のよう
重力に縛られた僕が あの星へ行く為の言葉
国道に寝転んで ところで今夜は月が綺麗