夢みる頃を過ぎても きのこ帝国

夢みる頃を過ぎても きのこ帝国 フルPV視聴動画MV

夢みる頃を過ぎても きのこ帝国 歌詞

夢みる頃を過ぎても

歌手:きのこ帝国
作詞:佐藤千亜妃
作曲:佐藤千亜妃

明け方の街ではいつも
あなたのことを考えています
夢みる頃を過ぎても
幾度となく戯けて見せて
ねえ

蝶になれない蛹もいるってさ
待ちわびてた旅立ちの日に
その羽が開かないと気づくとき
どんな気持ちで空を見ていたの

明け方の街ではいつも
あなたのことを考えています
夢みる頃を過ぎても
屈託なく笑って見せて
ねえ

明日に落ちてく
夢から覚めて

あなたの横顔は歳をとるし
あげた花も枯れてしまうだろう
息継ぎが上手くなってきたから
苦しさは思い出せなくなるだろう

行くあても知らない僕らは
途方に暮れていた
空を見るあなたの瞳は
光って揺れていた

変わりゆく街並みをそっと
あの頃の夜に塗り替えてみても
変わらない物などないと
気付いてしまった気付きたくなかった
ねえ

明日に落ちてく
大人になってく
夢から覚めて